創建1250年記念「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」

開催期間: 2017年 7月29日(土) ~ 9月24日(日)
開催場所:あべのハルカス美術館(HP: http://www.aham.jp/
休館日: 7月31日(月)、8月7日(月)、8月21日(月)、8月28日(月)
料金: 一般 1,300円、大学・高校生 900円、中学・小学生 500円
(HP: http://saidaiji.exhn.jp/
西大寺の創建1250周年を記念した特別展『奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝』が開催されている「あべのハルカス美術館」へ伺いました。
真言律宗 総本山の「西大寺」は近鉄大和西大寺駅下車後、南出口から徒歩3分に位置しています。
今年2017年は、創建1250周年を迎えることもあり、西大寺と真言律宗の一門の至宝を集め、東京・大阪・山口の3都市を巡回する特別展『奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝』が企画されました。
たくさんの寺宝が展示されている中、中でも
・本堂の御本尊「釈迦如来立像」(重文)
・「愛染明王坐像」(重文)※「8月29日(火)~9月24日(日)」の展示
・湛海作「五大明王像(厨子入)」
・「文殊菩薩騎獅像」3体
・みうらじゅん、いとうせいこう両氏が監修されたオリジナルグッズ
・京都・浄瑠璃寺の「吉祥天立像」
 ※「7月29日~8月6日」のわずか9日間の展示だったため間近で見ることはできませんでした..
など見応え十分な内容となっています。
大阪展は、9月24日(日)までとなっておりその後は「山口県立美術館」(2017年10月20日~12月10日)へ巡回されますので、近畿付近にお住まいの方はそれまでにぜひお立ち寄りください。
DSC_0961

DSC_0966

DSC_0965

Follow me!