■神社とお寺の違い

神様と仏様

神社

天照大御神(アマテラスオオミカミ)、大国主命(オオクニヌシノミコト)などの、日本の神様が祀られてます。

お寺

お釈迦さま・阿弥陀さま・観音さまなど、インドからやって来た仏様を祀っています。

神道と仏教

神社

神道の施設です。

お寺

仏教の施設です。

鳥居と門

神社

入口には鳥居があります。

お寺

山門や仁王門と呼ばれる門があります。

参拝方法

神社

鳥居の前で一礼し、手水舎で手口を清めます。
お賽銭を入れ、二礼二拍一礼します。

お寺

山門の前で一礼し、手水場で手口を清めます。
香炉があれば、線香の煙を体に受けてその身を清めます。
お賽銭を入れ、鐘があれば鳴らします。
合掌(手の平を合わせること)して、拝礼。拍手はしません。

ご神体と仏像

神社

神様(ご神体)を直接拝むことはできません。
奈良県桜井市、大神神社は、ご祭神の大物主大神(おおものぬしのおおかみ)がお山に鎮まるために、
古来本殿は設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し三輪山を拝するという
原初の神祀りの様を伝える我が国最古の神社です。

お寺

仏像として仏様を間近に拝み見てお祈りすることができます。